日焼け止めの正しい使い方

美肌と美白の大敵である紫外線は、一年中気になりますよね。
紫外線対策で日焼け止めを使用している方も多いかと思います。
しかし、使い方によってはかえって肌に悪く、肌荒れの原因にもなります。
今回は正しい日焼け止めの使い方をご紹介していきます。

1、清潔にしてから

汚い肌に日焼け止めを付けても、確かに日焼け止め効果はあります。

しかし、より効果的に紫外線を防いで美肌や美白を大切にしたいのであれば、これは重要です。

多くの日焼け止めには紫外線吸収剤が配合されています。

最近では紫外線吸収剤の研究が進んで肌に優しくなりました。

それでも刺激性があり、肌に残留しやすい成分です。

汚れや前日の日焼け止めが残ったまま、繰返し日焼け止めを使い続ければ乾燥や深刻な肌荒れを引き起こしてしまいます。

また、清潔でない肌に付けることで日焼け止めが落ちやすくなったり、化学反応で刺激性が生まれたりと肌にとって良いことはありません。

肌に優しい紫外線吸収剤不使用のものや、石鹸で落ちるなどオフしやすいものを使うのも一つですね。

日焼け止めは清潔な肌に付けて下さいね。

2、均一にぬる+重ねぬりで効果をアップ

まず均一にむらなく日焼け止めをつけて下さい。

等間隔に日焼け止めを付けて伸ばすと、塗り残しを防げます。

そして、鼻や頬など焼けやすい場所や気になる部分に重ね塗りをします。

下地やファンデーション、ルースパウダーなどにSPFが付いたものを使用すれば、重ね塗りと同じ効果が得られますよ。

ただし、重ね塗りしてもSPFが増えるという訳ではありません。

SPF30のものと、SPF50のものを重ねたからといってもSPF80にはならないです。

あくまでもぬりムラが減ることで、より完璧で万全なガードが出来るということです。

3、塗り直しはマメに

日焼け止めのSPFは、日に焼けるまでの時間を何倍遅らせるかを示しています。

SPF50なら、日に焼けるまでの時間を50倍遅らせるという意味です。

日に焼けるまでの時間は環境や人によって違いますが、夏場の厳しい環境ですと10分程度と言われています。

なので、SPF50なら500分日焼けを遅らせてくれます。

朝つければ紫外線の多い時間帯はきっちり防いでくれますが、顔など汗や皮脂の多い部分は崩れたり落ちたりしてしまいます。

やはりマメに塗り直すのが賢明です。

とはいっても、顔の塗り直しは化粧もありますし大変です。
そういう場合、油脂や汗をオフした後に、SPFのついたファンデーションやルースパウダーをつけるだけでも日焼け止め効果があります。

日焼け防止の意味でも、夏の化粧くずれは気を付けたいものですね。
これらに気を付けて日焼け止めを正しく使い、しっかりと紫外線を防いでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です